興道南部保育園では、子どもの生活のリズムを大切にし、成長に合わせたカリキュラムを各学年ごとに設定し、毎日取り組んでおります。遊びの中で学べる環境を整えております。(クラスや時期により時間差や変動があります。)
①日々の子供の健康状態の把握をするとともに保健的で安全な保育環境づくりをします。
②体調の良くない子への丁寧な看護と状態に応じての処置をします。
③緊急時の対応(迅速に・丁寧に・心を込めて・記録を残す)を的確に行います。
④保護者との情報交換を通して連携を図っていきます。
(予防接種の呼びかけ、健康便りの発行等)
⑤内科検診・歯科検診を年2回、尿検査(幼児組)を年一回実施します。
⑥育児支援としての健康相談をします。
⑦職員の健康管理を行い保育が十分に行われるようにします。
①離乳食は生涯にわたる身体づくり
睡眠・授乳は生活リズムを整える基盤となっています。0歳児期の離乳は、乳汁ではとることができない栄養素の摂取、咀嚼による体の発達、食生活の確立と重要な意味を持っています。子供の体が活性化し、消化吸収の良い時間帯に、育ちに合った調理形態で食することによって子どもは必要な回数、必要な量を食べることができます。離乳は生涯にわたる身体づくりです。
②楽しい食事 おいしい食事
豊富な食材をいろいろな味で、食材の味を生かし、薄味にします。
その子の食べやすい大きさ、やわらかさで出します。
おやつは心を込めて手作りにします。
③アレルギー対応
アレルギー疾患の現状を調査、把握するとともに、主治医による指示書に基づく対応した食事体制にしていきます。



Copyright © 2013 興道南部保育園 All rights Reserved.